19:41 2020年08月04日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

ベルギーのアントウェルペン大学院生サンダー・ヴュッツ氏は、欧州バイオインフォマティクス研究所の研究員であるニック・ゴールドマンが発表した課題を解いた。同大学が明らかにした。

スプートニク日本

課題は3年前の2015年1月21日、スイス東部ダボスで開かれた世界経済フォーラムで発表された。ゴールドマン氏はそこで、デジタルデータ保存先としてのDNA使用について語った。ゴールドマン氏はコード化したビットコインの鍵を書き込んだDNAが入ったチューブを配布。解読者には当時200ドルだったビットコインを提供すると約束した。

2017年末、ビットコインの価格は100倍になった時にヴュッツ氏は課題について知った。チューブを手に入れたヴュッツ氏はコードの解読を開始し、ラボラトリーで2ヶ月作業し、解読に成功した。

現在1ビットコインあたりの価格は1万2000ドルほどだが、ヴュッツ氏は手に入れたビットコインを売却するつもりだという。ヴュッツ氏は、このチャレンジで最も価値があったものは、DNA解読の経験だと述べる。そして、DNAの情報保存手段の研究に生涯を捧げるつもりだという。

DNAは仮想通貨のコードだけでなく、あらゆるタイプの情報の理想的な保存先になりうる。先日、初めてDNAに音楽が記録され、マイルズ・デイヴィスとディープ・パープルの曲が書き込まれた。研究チームは、1000年はデータが劣化しないと見ている。

関連ニュース

Apple共同創業者、緊張疲れで全ビットコインを売却

ロシア下院議員、クリプトルーブルの展望を語る

タグ
びっくり, 科学, 仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント