13:49 2018年07月20日
ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツ氏、アフリカ向けの「すごい牛」をつくるために4000万ドルを投資【写真】

© AP Photo / Ted S. Warren
テック&サイエンス
短縮 URL
1317

マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏が、遺伝子研究や家畜用ワクチンの製造を行っている非営利団体GALVmedに4000万ドル超を寄付した。サイトBusiness Insiderが伝えた。

スプートニク日本

プロジェクトに取り組むのは、エジンバラ大学の専門家たち。ゲイツ氏は、同大学を訪問した。

​寄付金は、アフリカの農民にとって「理想的」な高い生産性と熱さに対する耐久性という欧州とアフリカの動物の特徴を組み合わせた牛をつくりだすために使用される。

関連ニュース

ビル・ゲイツ氏 ロボットが税金を支払うことを望む?

ビル・ゲイツ氏、2000年以降で最高額の寄付

タグ
科学, 研究, 動物, アフリカ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント