01:23 2018年08月19日
アルマズ・アンテイ社

露企業、国産の「中身」を持つ軍人向けのコンピュータ製造へ

© Sputnik / Artem Zhitenev
テック&サイエンス
短縮 URL
380

ロシアの防空企業アルマズ・アンテイ社は、ロシアの軍人や救助隊員向けに完全国産のソフトウェアを搭載したパーソナルコンピュータを製造する。同社の広報部が発表した。

スプートニク日本

アルマズ・アンテイ社のヤン・ノヴィコフ社長によると、ロシア製の「中身」は、そのコンピュータの動作に対する直接関係のないあらゆる影響を完全に排除する。

ノヴィコフ氏は、ロシア国防省およびロシア非常事態省が同社の新たな開発に関心を示すことに期待を表した。

関連ニュース

露国防省、Windowsから国産OSに乗り換え

スパコンランキング 中国が米国を抜いて初めてトップに 日本は何位?

タグ
テクノ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント