20:27 2019年11月17日
ハンバーガー(アーカイブ)

大腸がん転移を100倍も早めてしまう食物とは?

© Sputnik / Petr Chernov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 72
でフォローする

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究で、体内組織のコレステロールの量があまりに増大すると、大腸ガンの増殖速度が100倍以上にもなることが明らかにされた。ポータル「サイエンス・アラート」に研究結果が発表されている。

スプートニク日本

実験では2グループのマウスが使われた。一方には高コレステロールの食事が与えられ、もう一方には特別な酵素をカットしたため、これにより、コレステロール値が上げられた。

その結果、すべてのマウスで幹細胞の分裂が活性化し、これから腸の組織が成長し、腸自体も長くなった。こうしたすべてが相まって、大腸に急速にがん細胞が生成された。

学説では脂肪、トランス脂肪酸またはある種の炭水化物を豊富に含む食物は体内のコレステロール値を引き上げてしまう働きがあると書かれている。

このことから専門家の多くは、赤身の肉や乳製品の摂取頻度を引き下げるよう勧めれている。

関連ニュース

アルコールはDNAにダメージを与え、がんのリスクを高める

みんなと食べると食べ過ぎる等 過食の原因が明らかに

タグ
食事, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント