07:12 2020年10月27日
テック&サイエンス
短縮 URL
130
でフォローする

「Carsaddiction」を運営するブロガーが、マルタ島にあるスバルのショールームの写真を公開した。中にはスバル・インプレッサやスバル・ジャスティ、クーペタイプのスバル・アルシオーネといった古いモデルが残っている。 Motor.ruが報じた。

スプートニク日本

20008年からマルタではユーロに切り替えられたのに、車の値段がマルタ・リラでつけられていることは興味深い。

​同サイトによると、マルタ島唯一の時もあったショールームはスバルの新たな輸入元との競争に敗れた。多くの購入者は新たな輸入元に流れ、ショールームには売れ残った車がそのままあるという。

関連ニュース

未来からやってきた最も美しいレトロカーの数々

日本で売り上げトップ10の車

タグ
自動車, マルタ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント