03:35 2018年08月16日
スポーツカー「テスラ」

で、結局テスラはどこを目指して飛んでいる?

© AP Photo / SpaceX
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

先週、地球と火星の公転軌道を遷移する楕円軌道へと投入されたスポーツカー「テスラ」は、予定されていた小惑星帯の方向ではなく、火星を目指して飛行している。ライヴサイエンスが報じた。

スプートニク日本

テスラは先週、6日、大型ロケット「ファルコン・ヘビー」に載せられ、打ち上げられた。予定では直接的に小惑星帯に突入するはずだったが、ミスが生じた。

テスラがわずか700万キロの距離まで火星に最も近づくのは2020年10月。とはいえ、700万キロ圏では火星の引力は弱く、テスラを引き寄せ、人工衛星とするまでにはおよばない。

マスク氏の当初の計画のうち、最終的に実現するのは「火星まで到達」という部分で、火星の人工衛星になるという約束は果たされることはない。

関連ニュース

マスク氏、マネキンが乗るテスラ車の最後の画像を公開

マスク氏、「ファルコン・ヘビー」の打ち上げから学んだ教訓について語る

タグ
ロケット, 宇宙, 自動車, イーロン・マスク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント