16:15 2018年05月25日
東京+ 26°C
モスクワ+ 15°C
    FBI

    「プライバシー保護者のふり」=FBI職員がアップルCEOを偽善者と批判

    © AFP 2018 / Mandel Ngan
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    183

    米連邦捜査局(FBI)の職員は、米サンバーナーディーノ銃乱射事件捜査でのアップルのティム・クックCEOの対応を批判し、「偽善者」だと呼んだ。米メディアが報じた。

    スプートニク日本

    インターネットに公開されたメッセージには、クック氏が「偽善者」だと呼ばれている。

    2016年2月、アップルは犯人の1人のiPhoneのロック解除を拒否。これは、FBI職員らの主張によると、テロ捜査の妨げになりかねなかった。

    ビジネス・インサイダーによると、FBI職員のピーター・ストラーゾック氏は「このアップルの話で何が一番ムカつくか知ってる?ティム・クックがプライバシー保護者を演じてることさ」と不平をこぼした。

    ストラーゾック氏は、iOSのOSが「全て、俺が知らないうちに俺を監視するために作られてる」と批判した。

    法律顧問のリザ・ペイジ氏は「ええ、偽善者ね」と答えた。

    2015年、米カリフォルニア州の福祉施設で起きたサンバーナーディーノ銃乱射事件では、犯人を含む16人が死亡、24人がけがをした。

    関連ニュース

    信頼の危機 Appleのバッテリースキャンダルの行き着く先は?

    アップル、「史上最大の流出」を認める

    タグ
    Apple, FBI, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント