22:34 2018年04月23日
東京+ 15°C
モスクワ+ 7°C
    薬(アーカイブ)

    学者らが、有名な解熱鎮痛剤の危険性について語る

    CC BY 2.0 / DraconianRain / Pretty Pills
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    170

    アセトアミノフェンを主剤とした薬の使用は、生殖機能障害や、胎児の成長と関係した問題を引き起こす恐れがある。ロシアのマスコミが報じた。

    スプートニク日本

    これに関する情報は、EBioMedicine誌に掲載された。

    学者たちは、18歳以上の女性455人を対象にした調査を実施し、アセトアミノフェンを主成分にした薬を使用している全ての人に、性的な面で35歳年を取ったのと等しい性ホルモンの枯渇を発見した。

    またアセトアミノフェンを妊娠中に服用すると、流産、また胎児の神経系の発達に関連した問題が生じる危険性が高まるという。

    アセトアミノフェンは、広く使用されている解熱鎮痛剤で、パラセタモールとも呼ばれている。

    関連ニュース

    研究グループ「人気の鎮痛剤、男性には危険」

    日本でアルツハイマー病の新たな検査方法が確立される

    タグ
    健康, 研究, 医学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント