19:50 2018年08月20日
車(アーカイブ)

日本のハイパーカー、0-100km/h加速を1秒921で達成【写真・動画】

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

世界最速の量産車に名乗りを上げる日本企業アスパークのハイパーカー「Owl」が、栃木県のテストコースで0-100km/h加速を1秒921で達成した。自動車ニュースサイト「クリッカー」が伝えた。

スプートニク日本

Owlは、 ニュルブルクリンクの エレクトリック・ハイパーカー「Nio EP9」の0-100km/h加速2秒7、またダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」の2秒3という最速記録を上回った。

アスパークはOwlの開発を2014年に開始、プロトタイプは2017年にフランクフルトで開かれたモーターショーで初公開された。Owlの特徴は、99センチの車高。

アスパークは、Owlを限定50台、4億6000万円で販売する方針。

関連ニュース

「フランケンシュタイン」:米国で17のモデルを組み合わせてつくられた自動車が売りに出される

ユマ・サーマン、撮影中の「死にかけた」事故の動画を公開【動画】

タグ
びっくり, テクノ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント