14:07 2019年04月24日
地球外生命体

仮想通貨マイナーらが地球外生命体の捜索を妨害

© Fotolia / Fergregory
テック&サイエンス
短縮 URL
102

地球外生命体探査プロジェクト「SETI@home」のメンバーは、仮想通貨のマイナー(採掘者)が大量に購入しているグラフィックボード(GPU)不足を訴えた。BBCが報じた。

スプートニク日本

カリフォルニア大学バークレー校の同プロジェクトは、2つの天文台のための最もパワフルな最新の設備を購入しようとして、問題に直面した。

バークレーSETI(セチ)リサーチセンターのチーフサイエンティスト、ダン・ウェルシマー氏は「最新のGPUを用いたいのですが、難しいです。これは私たちの地球外生命体探査を制限します」と述べた。ウェルシマー氏はまた、問題は予算ではなく、GPUが店に欠品していることにあると述べた。

Motherboardは、最新のGPU不足を、仮想通貨採掘のためGPUを用いるマイナーの活発な活動と結びつけた。NVIDIAは近頃、生産の問題を解決すると約束した。さらに販売店に対し、マイナーが全ての最新型GPUを一度に買い占めないよう1人当たりの購入量を制限することを提案した。

SETI@homeは、カリフォルニア大学バークレー校が運営するプロジェクトで、大量のボランティアのパーソナルコンピュータを用いて宇宙からの信号を分析することを目的にする。プロジェクトはまた、いくつかの天文台に自前のスーパーコンピューターを設置している。

関連ニュース

仮想通貨のマイニングでアイスランドは電力不足の恐れ

欧州当局、仮想通貨の購入を正式に警告

タグ
仮想通貨・暗号通貨, びっくり, テクノ, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント