03:40 2018年11月21日
ノヴァヤゼムリャ

ロシアの高校生、新しい島を発見

© Sputnik / Valeriy Melnikov
テック&サイエンス
短縮 URL
1100

ロシア国営宇宙企業「ロスコスモス」が支援する青年科学研究グループが、北極海に浮かぶロシアの列島ノヴァヤゼムリャ周辺で、氷河が溶けて形成された新たな島を発見した。ロスコスモスが発表した。

スプートニク日本

島を発見したのはモスクワ郊外の高校生、アルチョム・マカレンコさんとワレリヤ・サエンコさん。北極圏の衛星写真を調べていた。

マレーシアで未知の言語を発見
© 写真 : Lund University
ロスコスモスは「新たな地理的物体の登録文書はすでにロシア地理学会に送られた(登録作業が行われている)」と指摘した。

島のサイズは縦410メートル、横780メートルで面積は0.19平方キロメートル。島の中心の緯度は北緯75°34'06.67"、東経58°17'52.2"である。

関連ニュース

「シベリアの巨人」 新種の恐竜発見

タグ
研究, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント