01:41 2019年11月23日
宇宙人

宇宙人との遭遇にみんなはどう反応するか、研究者が語る

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
185
でフォローする

人々は地球外生命体が存在するというニュースに肯定的だと、ナショナル・ジオグラフィックが米アリゾナ大学の研究チームの研究を基に伝えた。

スプートニク日本

パルサー発見、宇宙からの「神秘的な」信号、連星「KIC 8462852」の点滅、「火星からの細胞の化石」の情報などのニュースの言語分析を行ったところ、大半のコンテンツで肯定的な感情を表す単語が用いられており、主題世論調査の回答者の評価は総じて肯定的だったと判明。これは、地球外生命体についてのパニック映画の数を考えると、研究者にとって驚きだった。

研究グループを率いるマイケル・バーヌム教授は皮肉っぽく「とはいえもちろん、金星あたりに敵対的な宇宙人兵隊が現れれば、私たちは嬉しく思わないだろうが」と指摘した。

先に伝えられたところ、NASAはおよそ100の系外惑星を発見し、そのうち一部は地球に似たサイズだった。

関連ニュース

仮想通貨マイナーらが地球外生命体の捜索を妨害

「宇宙人にもディスコ」 メガ暴風雨の動画がネットで人気に

タグ
研究, 調査, 科学, UFO, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント