13:07 2018年09月25日
香水

デオドラントや香水は自動車の排ガスよりも肺に悪い

© 写真: Pixabay / kaboompics
テック&サイエンス
短縮 URL
191

デオドラント、香水、その他の化粧品や衛生用品は、自動車の排ガスやタバコの煙よりも大気を汚染している。サイエンス誌に掲載された記事の中で述べられている。

スプートニク日本

米海洋大気局(NOAA)のジェシカ・ギルマン氏らの研究チームは、自動車の排ガスは大気汚染の唯一の原因ではないばかりか、一番の原因でもないことを発見した。研究者らは、米国の様々な都市の屋外と住宅内の大気に含まれる発がん性物質やその他の有害な分子を調査し、このような結論に達した。

研究者らは、NOAAが収集した統計を分析し、ロサンゼルスの大気汚染レベルも測定した。そして、揮発性化合物の発生源は、自動車あるいは工業系企業ではなく(なお、これらの排出物のレベルは基準を明らかに超えている)、化粧品や生活用品であることを発見した。

カリフォルニア大学バークレー校の生態学者アレン・ゴールドスタイン氏は「我々の測定値が示すように、住宅内における揮発性物質の濃度が屋外より数十倍高いことがしばしばあった。これは炭化水素を原料とした化粧品がその発生源であるということでのみ説明がつく」と指摘している。

研究者らによると、これらの物質はがんやその他の病気のリスクを高めるだけでなく、下層大気中のオゾン生成を促進し、環境全体に悪影響を及ぼす。オゾンはスモッグの主成分であり、喘息や肺の問題を引き起こす可能性がある。

なぜこんなことになったのか?研究者らは、大多数の国の法律は化粧品中の揮発性炭化水素の含有量を考慮しておらず、その流通と使用を全く規制していないことに関係していると考えている。研究者らは記事の中で、今後数年で修正する必要があると指摘している。

関連ニュース

ドイツ自動車大手3社、人とサルを対象にした実験で非難される

大気汚染は男性不妊を引き起こすおそれ

タグ
研究, びっくり, 科学, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント