02:15 2018年06月19日
太陽フレア

2月19日、地球で磁気嵐が観測される

© REUTERS / NASA
テック&サイエンス
短縮 URL
0 21

19日午前、地球で発生した弱い磁気嵐が観測された。ロシア科学アカデミーP.N.レベデフ物理学研究所のホームページで発表された。

スプートニク日本

地球磁場の状態の変化は、太陽風の速度の高まりと関係している。このような事象はエネルギーシステムのわずかな変動を引き起こしたり、宇宙機器の制御システムに少し影響を及ぼす可能性がある。また太陽の表面で起きた爆発現象により、高緯度地域(緯度60度以上)ではオーロラが見れる可能性がある。

今回の磁気嵐は今年に入ってから2回目。前回の発生は1月15日。レベデフ物理学研究所のホームページに掲載されている磁気嵐の予測表によると、次回地球で磁気嵐が起こるのは3月中旬以降とみられている。

関連記事

日本の学者、最大級の磁気嵐明らかに 古典籍を研究で【写真】

太陽フレアと磁気嵐 太陽活動は人を死に至らしめるのか

タグ
宇宙, 研究, 科学, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント