22:47 2019年07月17日
糖尿病と戦う細胞、露で開発

糖尿病と戦う細胞、露で開発

East News/Media for Medical/UIG
テック&サイエンス
短縮 URL
0 70

糖尿病対策に役立つ「インスリン産生細胞」がロシアで開発されたと、同国のスクヴォルツォワ保健相が明らかにした。

スプートニク日本

インスリン産生細胞は、様々なタイプの幹細胞から実験室で「培養」され、糖尿病に伴い冒された膵細胞を置き換えるために利用される。

スクヴォルツォワ氏は、「事実上すでに今、自己細胞から人間の臓器や臓器系と同等のものを作り出すことができる時代に我々は生きている。すでに我々は自己尿道を開発し、軟骨組織の成分を開発した。[・・・]我々には合成皮膚を、しかも実際に生きている人間のものと同じような多層構造から成る皮膚を作る方法がある。[・・・]言うまでもなく、突破口となっているのはインスリン産生細胞の開発だ。この細胞は、2型糖尿病患者の血液に注入することで、事実上の補充療法となる」と語った。

スクヴォルツォワ氏によると、この治療法によって、将来的には定期的なインスリン注射をしなくても済むようになるという。

関連ニュース

20年毎日コーラを30本飲み続けるとどうなるか、英女性が語る

2型糖尿病を克服する方法

タグ
医学, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント