00:55 2018年09月23日
ヴェイプ

電子タバコの蒸気中に大量の毒性金属が見つかる

© Sputnik / Alexander Wilf
テック&サイエンス
短縮 URL
0 54

電子タバコ(ヴェイプ)のエアロゾル(蒸気)は毒性のある重金属が多く含まれており、アトマイザーを加熱するコイル部に蓄積される。論文は科学誌『Environmental Health Perspectives』に掲載された。

スプートニク日本

56本の電子タバコデバイスが放出するエアロゾルの化学組成を2年間研究したところ、鉛やニッケル、クロム、マンガンが大気中より大幅に多く含まれていることが明らかになった。

含有量が基準の数10倍だったケースもあり、これは喫煙者の健康を深刻に脅かす。

これらの金属は加熱されるコイル部から出るもので、コイル部に接触した液体はカードリッジに入った元の状態より25倍の金属を含んでいた。

関連ニュース

電子タバコ喫煙者は紙タバコに移る確率が数倍に

ロシア、電子タバコの使用を制限へ

タグ
健康, 研究, テクノ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント