07:50 2020年09月19日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 01
でフォローする

英ボーダフォン、ノキア、アウディ、独宇宙企業「Part-Time Scientists」は2019年に月面で4G ネットワークを構築する計画だ。ロイターが報じた。

スプートニク日本

ネットワークは「Nokia Ultra Compact Network」技術を基に作られる予定。4Gネットワークを用いてアウディの月面探査機「ルナ・クアトロ」2台はHD動画、写真、学術研究の結果を着陸機「ALINA」に送る。そしてALINAはそれらを地球に送るという。

必要な機器はスペースXのロケット「Falcon 9」を使って月に送られる。ロイターによると、ネットワークのため当初はアナログラジオを利用するよう計画していたが、4Gの消費エネルギーはより少なく、より多くのデータを送られることが判明した。

2月末、スペースXは全世界に通信網を構築する衛星通信のテスト機を初めて打ち上げた。2024年には地球全土をインターネットを覆う4500台の衛星を打ち上げる方針だ。

タグ
科学, 研究, びっくり, テクノ, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント