04:19 2018年07月16日
殺虫剤が最も蓄積するのは体内のどの部分?

殺虫剤が最も蓄積するのは体内のどの部分?

© Depositphotos / Tish1
テック&サイエンス
短縮 URL
0 41

有機塩素殺虫剤は、主に動物およびヒトの脂肪組織に蓄積する。極東連邦大学の学者たちは、太平洋北西部に生息する哺乳類の研究を行い、このような結論に達した。

スプートニク日本

学者らによると、例えば農業で広く使用されている殺虫剤は毒性が高く、生物の組織や器官でゆっくりと分解され、蓄積される。
また哺乳類の組織の有機塩素殺虫剤の蓄積量は他の生物よりも多い。

さらに学者らによると、食物連鎖の上に存在する生物ほど、体内に蓄積する毒素の量が多いという。小型魚類の組織の有機塩素殺虫剤蓄積濃度は低いが、それを摂取する海鳥、捕食者、ヒトは濃度が高い。

学者らによると、例えば農業で広く使用されている殺虫剤は毒性が高く、生物の組織や器官でゆっくりと分解され、蓄積される。

また哺乳類の組織の有機塩素殺虫剤の蓄積量は他の生物よりも多い。

さらに学者らによると、食物連鎖の上に存在する生物ほど、体内に蓄積する毒素の量が多いという。小型魚類の組織の有機塩素殺虫剤蓄積濃度は低いが、それを摂取する海鳥、捕食者、ヒトは濃度が高い。

関連ニュース

中国の食品は有毒でとても危険!

「がん村」:経済成長の代価に中国が支払う健康

タグ
医学, 健康, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント