01:10 2019年12月10日
ファストフード

ファストフードは高速代謝を行うバクテリアを死滅する

© CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
0 110
でフォローする

ロンドン王立大学遺伝病学研究科のティム・スペクター教授の実施した調査で、ファストフードを定期的に食べることによって、代謝プロセスを担う腸内のバクテリアが絶滅してしまう、という結果が出た。

スプートニク日本

全編が消化と胃腸内細菌をテーマとする、「ダイエット神話」と題された書物をThe Sunday Timesが刊行した。著者のスペクター教授は長年、ファストフード(バーガー、ポテト、ナゲット、チップス)が腸内微小植物に与える影響について調べてきた。その最近の研究で、ファストフードによって、腸内にあってすばやく食べ物を分解し、有用酵素を動員してすばやくごみを排出することを担う微生物たちが、手もなく殺されてしまう、ということが示された。結果、人はぐんぐん肥え太り、肥満に苦しむことになる。

遺伝学者は自分の息子を被験者とした。10日間にわたり、あるファストフード店で、バーガーや、チキンナゲットを食べさせ、コーラを飲ませた。

息子のトム・スペクター氏は語る。「父の実験が始まる前、私の腸内には3500種類のバクテリアがいました。実験の間に、そのおよそ1300種類を失いました」。自身も遺伝学研究科に学ぶトムは、10日間の実験で、体重を2kg増やした。

関連ニュース

タグ
健康, 食べ物, 研究, 科学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント