08:17 2018年05月25日
東京+ 21°C
モスクワ+ 17°C
    中国、スモッグ

    遺伝リスクよりずっと恐い 大気汚染が遺伝子発現に大きく影響

    © AP Photo / Andy Wong
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    260

    ガンなど、親から遺伝する罹患リスクがよく取り沙汰されるが、調査の結果、実は大気汚染のほうが遺伝リスクよりはるかに危険度が高いことが判明した。デイリーメール紙が報じた。

    スプートニク日本

    大気汚染は遺伝子ではなく遺伝子発現に変化を生じさせてしまう。最も悪影響力度が強いのは二酸化硫黄。二酸化硫黄は喘息や心臓循環器系の病に関係する170の遺伝子に影響してしまう。

    オンタリオがん研究所は、モントリオールとカナダの都市化がそれほど進んでいないゾーンの汚染レベル、および1000人を超す地域住民の遺伝プロフィールを分析し、二酸化窒素、二酸化硫黄、オゾンの他、肺の深くまで入り込む危険性のある固形粒子がどれくらい大気に含有されているかを調べた。

    その結果、大都市では地方よりも喘息や心臓循環器病に罹患する確率がはるかに高いことがわかった。また特に肺の活動に関する遺伝子発現も大気汚染レベルの高い大都市の市民のほうがより頻繁に変化していた。

    関連ニュース

    タグ
    研究, 科学, 環境
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント