22:47 2018年05月20日
東京+ 16°C
モスクワ+ 11°C
    3D-изображение раковой клетки

    ガン進行の阻止に有効策が明らかに 日本人のデーター分析で

    © Fotolia / Spectral-Design
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    244

    体内のビタミンDの蓄積度が高い場合、ガンの進行は阻止される可能性がある。科学ニュースに関する英字ポータル「Eurekalert」が報じた。

    スプートニク日本

    国際的な研究者グループは、日本で16年間以上にわたって集められた、年齢が40歳から69歳までの3万3千人を超す血液サンプルおよび食事習慣、生活様式、家族のガン罹患歴のデーターを分析した結果、こうした帰結に達した。

    年齢、体重、どれほど体を動かしているか、酒タバコの頻度といった要因を加味した場合、ビタミンDの体内蓄積率が高い人は、男女の別なくガンの罹患率が20%低いことが分かった。

    Eurekalert」によると、研究者らは、今回の研究は分析した血液サンプルが多いことと観察の期間が16年と長いことから、信憑性が極めて高いと語っている。

    関連ニュース

    タグ
    ガン, 研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント