18:47 2018年06月18日
シベリア

NASA、永久凍土の融解による地球の大惨事について語る

© Sputnik / May Nachinkin
テック&サイエンス
短縮 URL
139

次の2世紀でアラスカ州とシベリアのほぼすべての永久凍土が突然急速にとけ始め、記録的な量の温室効果ガスが排出される。米航空宇宙局(NASA)の学者らがCryosphere誌で発表した。

スプートニク日本

米カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所のNicholas Parazoo氏によると、温暖化により2300年までにシベリア、米国北部、カナダ北極圏の680万平方キロメートルの永久凍土が急速に消滅する。

学者らは、永久凍土に凍結され、数百万年蓄積された1200億トンという膨大な量の有機炭素が放出されると考えている。

植物や動物の残存物が腐敗し始め、メタンや二酸化炭素を大気中に放出する。温室効果ガスは気候に深刻な影響を及ぼし、地球温暖化の防止を実際に不可能なものとする

関連ニュース

気候変動によるニューヨークの「死」が動画で示される

北極の氷溶解は、古代エジプトを水没させた 地質学者

タグ
環境, 地球温暖化, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント