23:30 2018年09月24日
サイバー義肢 Exiii

サイバー義肢を念力で操作する方法、生物学者が解明

© 写真: Exiii
テック&サイエンス
短縮 URL
151

ロシアの研究者は、人間の脳が幻肢を身体に「接続」し、その動きを操作するメカニズムを解明した。これはサイバー義手やパワードスーツを人間の神経系に接続するために用いることができる。論文は科学誌『Nonlinear Dynamics』に掲載された。

スプートニク日本

サラトフ国立工科大学の研究チームが、手足を持たない人があたかも手足が存在するかのように感じる現象「幻肢」など動きの想像に関係した脳波を非常に正確で自動的に分類できるシステムを開発した。

このシステムは、「思考の力」を用いてサイバネティック機器を操作できるようにするブレイン・マシン・インタフェースの開発に使用できる可能性がある。

サラトフの研究者の新たなインターフェースは長時間のトレーニングなしにサイバー義肢を「自らのものにする」ことを助ける可能性がある。なぜなら、脳は通常は手足の筋肉を指揮するニューロンの鎖を用いず、つまり体内に不調和を引き起こさずに実質的にゼロから操作を学ぶようになるためである。

関連ニュース

女子パラ選手、初の脚がない雑誌ビキニモデルになる

両足をなくしたモデルが義足をつけてファッションショーに【写真】

中国で世界初の3Dプリンター製ひざ関節置換手術に成功

タグ
医学, テクノ, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント