10:48 2018年09月26日
タバコを吸っている女性

定期的な喫煙は精神病のリスクを高める

CC0 / Unsplash
テック&サイエンス
短縮 URL
260

1日に少なくともタバコを10本吸う人は、タバコを吸わない人よりも精神病を発症するリスクが高い。

スプートニク日本

フィンランド・アカデミーの研究員ヨウコ・ミエットゥネン氏がActa Psychiatrica Scandinavica誌にその研究を発表した。

実験は時期を隔てて行われ、フィンランド北部の住民6000~9000人が参加した。なお最終的な結論は、精神的な苦しみ、タバコや薬物の使用に関する質問に答えた30歳未満の6081人のデータに基づいて出された。

アンケート調査で得られた情報によると、毎日の頻繁な喫煙(1日に10本以上)は、精神病のリスクと関連しているという。さらにミエットゥネン氏は、若い頃にタバコを吸い始めることは、さらにリスク要因を高めると考えている。

これはマリファナの使用にも当てはまるという。

「大麻を5回以上使用した若者が精神病を発症するリスクはより高かった」。

関連ニュース

最初の1吸いがタバコ依存を引き起こす可能性は極めて高いと研究者

大麻合法化に賛成の米国人、過去最多に=世論調査

タグ
健康, 研究, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント