12:25 2019年07月16日
寝ている女性

睡眠7時間を切ると忍び寄る病とは

© Fotolia / 2mmedia
テック&サイエンス
短縮 URL
0 92

睡眠時間が7時間以下の場合、免疫回復ができず、様々な病気を招くリスクが高まる。

スプートニク日本

セチェノフ記念モスクワ第1国立医科大学、睡眠医療部のミハイル・プルエクトフ部長はこうした見解を表している。

睡眠不足によって引き起こされうる病気は糖尿病、高血圧のほか、様々な心臓疾患。

ブルエクトフ氏いわく、睡眠7時間は分水嶺で、それ以下となると死亡率の指標がぐんと上がる。健康維持のために適正な睡眠時間は7-9時間。

関連ニュース

生物学者、統合失調症と寝不足の珍しい関係を見つける

眠りを通じて記憶を改善=学者

タグ
健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント