11:39 2020年01月29日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 31
でフォローする

日本企業の「Meltin」が、人間の手の動きを模倣することができるハイテクのマニピュレーターを備えたアバターロボットの試作機「MELTANT-α」を開発した。同社のウェブサイトで発表されている。

スプートニク日本

同社によると、アバターロボットとは、世界のいかなる地点でも「第2の身体」、あるいは少なくとも第2の両手を持つ可能性である。全体で0.02秒の遅滞を伴うだけで、ロボットはオペレーターの手の動きを、オペレーターがロボットから大きく離れたところにいる場合でさえも、模倣することができる。MELTANT-αは既に、オペレーターがロボットから1万8900キロ向こうにいた時の試験を無事通過し、開発者らの話では、これはまだ限界ではない。

MELTANT-αのロボット化された手は、機敏さと精度をあわせ持っている。動画では、ロボットがたった2本の指で2リットル缶を、両手では4リットル缶を保持できることを示している。また、小さなボールを捕まえたり、ジッパーを開けたり、ボトルを開けたりもできる。開発者らは、ロボットの物体との相互作用による一部の触覚がオペレーターに伝わるとも主張している。

同社は今のところ、自社のアバターロボットの制御技術を明らかにしていない。動画から判断すると、このためには外骨格型装置と特別な手袋型コントローラーが使われている。

関連ニュース

タグ
びっくり, テクノ, ロボット, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント