11:20 2018年05月22日
東京+ 23°C
モスクワ+ 7°C
    アルコール飲料

    アルコール飲料のもう一つの危険性が発表される

    © Fotolia / Koeva_anna
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 50

    アルコール飲料の摂取は、神経系の機能に悪影響を及ぼす。その結果、心筋の収縮頻度が増加し、様々なタイプの不整脈を引き起こす可能性がある。ミュンヘン大学のドイツ人の学者グループが発表した。

    スプートニク日本

    学者らは、平均年齢35歳の2012人の心電図と呼気中アルコール濃度の測定結果を分析した。

    調査の結果、心拍数はアルコール摂取量と直接関係していることが確認された。

    学者らは、多くの場合この心拍数が心房細動などの不整脈を引き起こし、血栓が生じるリスクを高めていると主張している。

    研究は、欧州心臓病学会(ESC)傘下の欧州不整脈学会(EHRA)の会議で発表された。

    関連ニュース

    タグ
    研究, 調査, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント