18:46 2018年11月17日
ブラックホール(イメージ)

物理学者ら、風変わりな中空の「暗黒星」の存在を予測

© 写真: LIGO/Caltech/MIT/Sonoma State (Aurore Simonnet)
テック&サイエンス
短縮 URL
0 20

ハーバード大学の天体物理学者らが、光ではなく重力を放射する珍しい天体、いわゆる「暗黒星」が宇宙に存在するとの仮説を提起した。ポータルサイト「Gizomodo」が伝えている。

スプートニク日本

学者らの研究論文が、「Physical Review Letters」誌に掲載されている。

「暗黒星」の特異性は、この星が真空に似た完全な中空であるという点にある。しかし、学者らによると、我々の日常的な理解に反し、真空は本来の意味での「無、空っぽの場所」ではなく、恒常的に誕生し自壊する特別な粒子の対から成っている。

天体物理学者らは、粒子のこのような相互作用の結果、中空で満たされた珍しい「耐圧縮」構造が発生し、この構造が「暗黒星」に対し、縮まってブラックホールとなることを許さないものの、この際、暗黒星をブラックホールにほとんど匹敵する密度と大きさにまで圧縮すると考えている。

この時、「暗黒星」は重力波を放射する。

このような風変わりな「星」が現実に存在するのか、またいったいどのようにして暗黒星が誕生するのかについては、今のところ学者らの間の議論の対象のままだ。

タグ
科学, 研究, 天文学, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント