15:06 2020年08月09日
テック&サイエンス
短縮 URL
0 61
でフォローする

英国のがん研究センターの研究者らが、がん発生の主な理由を解明し、患者の数を減らす方法を語った。

スプートニク日本

ウェブサイト「Eurekalert」に掲載されたプレスリリースによると、英国だけで毎年13万5500件を超えるがんの症例が回避可能。全体の3分の1を超える数だ。

がん発生の最も広まっている回避可能な理由は、たばこの煙。男性のがんの症例の17.7%、女性の12.4%がまさにこの要因で引き起こされている。2位は過剰な体重、3位は日焼けの際の紫外線放射の過剰な影響。

がん発生の他の理由の中には、アルコール摂取、空気汚染、食物繊維の不十分な消費が含まれている。

研究者らは、健康的な生活様式を送れば、これらの症例は全て回避できると指摘している。

センターのハーパル・クマル所長は、「健康的な生活様式は、がんを発病しないということを保証しないが、チャンスは確実にプラスに働く。これらの数字は、病気の発生リスクを下げるために、我々一人一人が処置を講ずることができるということを示している」と述べている。

関連ニュース

タグ
健康, 研究, ガン, 病気
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント