08:37 2018年05月27日
東京+ 18°C
モスクワ+ 13°C
    マサチューセッツ工科大学(MIT)

    乾いた空気から水を取り出す装置、MITが開発【写真】

    © AP Photo / Charles Krupa
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    172

    マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、湿度10%以上の大気から水を取り出す装置を開発した。サイエンスデイリーが報じた。

    スプートニク日本

    大気から水を集める装置は以前にもあったが、湿度50%以上の大気に限られていた。さらに、稼働には大量のエネルギーも必要だった。

    サイエンスデイリーによると、チームは一日の気温が15度から25度で、湿度が30%ほどのアリゾナ州の乾燥地で実験。不純物なしの水250グラムが1日で集められた。

    タグ
    研究, 科学, テクノ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント