05:36 2018年08月16日
ストレス

反省は失敗によるストレスの軽減に役立つ

© Depositphotos / Xalanx
テック&サイエンス
短縮 URL
140

過去の失敗を分析することは、新たな課題を解決する際の生産性を向上させるのに役立つ可能性がある。米ラトガース大学の学者たちはこのような結論に達した。

スプートニク日本

研究結果は、Frontiers in Behavioral Neuroscience誌に掲載された。

仕事で失敗したり、あるいは未解決の問題に直面した時、良い気分であり続けるのは難しい。

女性がファーストフードと健康な食べ物の選択に困る
© Depositphotos / SIphotography
だが研究では、例えば瞑想をしたり、日記を書くなどして否定的な気分や感情に注意を集中すると、肯定的な結果につながる可能性があることが示された。

過去の失敗を反省することで「ストレスホルモン」として知られるコルチゾールのレベルを低下させることがわかった。

研究には2つのグループが参加した。1つのグループは日記に自分の失敗を詳しく書き、2つ目のグループは関係のないことを書いた。唾液中コルチゾール濃度を測定した結果、自分の問題について書いた人々のホルモンレベルは低下したことがわかったという。

関連ニュース

世界で最もストレスの多い都市トップ10

タグ
研究, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント