07:37 2018年08月21日
研究室

肝臓のがん細胞と戦うタンパク質が見つかる

© Fotolia / kasto
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

肝臓がんの発症率は先進国で高まっている。スイスでは過去20年間で肝臓がんの発症率が倍増した。一般的に肝臓がんは生存率の低い末期の状態で見つかる場合が多い。新たなタンパク質の発見は、現在の状況を大きく変える可能性がある。

スプートニク日本

スイスのバーゼル大学の生物学者たちは、がん細胞の制御不能な増殖を抑制する新たなタンパク質を発見し、LHPPと名付けた。人間の体内のLHPP不足が、腫瘍の急速な進行を助け、患者が回復するチャンスを低下させていることがわかった。

学者らは、LHPPの素晴らしい能力を発見する前に、数千個のさまざまなタンパク質をテストし、患者の肝臓の病気の組織と健康な組織に対するタンパク質の働きを比較した。学者らは、LHPPは肝臓の健康な組織にのみ含まれており、病変が生じた部分には存在しないことを明らかにした。一方、がんに冒された肝組織にLHPPに関する遺伝情報を導入すると、新たな腫瘍の形成が止まり、肝機能が正常に戻るという。

LHPPタンパク質の発見は、医師らが患者の体内に癌が存在をすることをより迅速に判断し、初期段階で腫瘍を小さくし、その数を減らすことを可能とする。

研究結果は、バーゼル大学のサイトで発表された。

関連ニュース

ガン進行の阻止にビタミンDが効く 日本人のデーター分析で

ロシア人のがん、脳卒中、心臓発作の死亡率が低下

タグ
医学, ガン, 研究
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント