19:46 2018年08月16日
ミニ「エイリアン」

アタカマ砂漠のミニ「エイリアン」の正体が明らかに【写真】

© 写真: Bhattacharya S et al. 2018
テック&サイエンス
短縮 URL
0 25

アタカマ砂漠で2003年にミイラが見つかった有名な15センチの「エイリアン」アタは、骨格の成長に関係する遺伝子に深刻な変異を持っていた子供だったと判明した。論文は科学誌『Genome Research』に掲載された。

スプートニク日本

米スタンフォード大学のギャリー・ノーラン教授は「これは宇宙人ではなく、早産か過期産で出産後すぐに亡くなった子供だと、もうはっきりと言うことができる」と述べた。

ノーラン教授によると、アタは外見だけでなく中からもエイリアンのように見える。例えば、身長がわずか15センチで母胎にいる胎児同様なのに関わらず、骨格の構造や発達度は8歳の子供の骨格に似ている。

さらに、アタの肋骨は通常の12対ではなく10対しかない。

アタは2003年、アタカマ砂漠のゴーストタウンで発見。その珍しい外見は正体に関する多くの説を産んだ。その中に、「エイリアン」説がある。

関連ニュース

宇宙人との遭遇にみんなはどう反応するか、研究者が語る

インカ帝国で子供の頭蓋骨を変形していた理由が明らかに

タグ
研究, 科学, 歴史, 宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント