18:10 2018年08月17日
ベイプ

「ベイプ」用の最も危険な「味」が明らかになる

© Sputnik / Vladimir Pesnya
テック&サイエンス
短縮 URL
0 32

電子タバコ「VAPE(ベイプ)」のニコチン入りリキッドの中で最も毒性が高く危険なのは、バニラ及びシナモンの香りの添加物であることがわかった。PLoS Biology誌に掲載された記事の中で述べられている。

スプートニク日本

米ノースカロライナ大学チャペルヒル校の学者らは、ベイプ用添加物の「殺傷力」を評価する特別なシステムを作成した。

学者らは、米国のベイプ愛用者の中で人気のある148のリキッドを比較し、うち最も毒性の高いものを特定した。

結果、バニラ、バナナ、シナモンの芳香添加剤が、最小限の濃度でさえ細胞の大量死を引き起こしたことがわかった。

現時点でベイプ用の添加物は約8000あり、各々がニコチンよりも毒性が高く危険な物質を含んでいるという。

関連ニュース

ロシア、電子タバコの使用を制限へ

電子タバコの蒸気中に大量の毒性金属が見つかる

タグ
研究, 医学, 健康
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント