13:13 2018年05月26日
東京+ 25°C
モスクワ+ 10°C
    寝ている労働者

    10時前開始の労働時間を刑務所の拷問と同一視=学者

    © Fotolia / Joesphotostyle
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    3255

    研究者の意見によると、55歳以下の人の体内時計は9時から17時の労働時間に全く適応していない。このような不自然な労働時間は人間の心の健康への深刻な脅威となっている。

    スプートニク日本

    オックスフォード大学のポール・ケリー教授の次の発言を、英テレグラフ紙が掲載した。

    「肉体的、感情的、行動的な意味で影響を及ぼしているため、これは人体にとってあまりに有害だ。」

    研究グループは実験のため、学校での授業開始時刻を10時に移した。結果、進捗率に10%の伸びが見られた。研究者によると、55歳以下の人々の体内時計(概日リズム)は、9時から17時までの労働時間に全く適応しておらず、心の健康への深刻な脅威となっている。

    関連ニュース

    タグ
    健康, 研究, 科学
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント