00:03 2018年10月24日
巨大な網で宇宙ゴミを集める提案【動画】

巨大な網で宇宙ゴミを集める提案【動画】

© Depositphotos / Johan Swanepoel
テック&サイエンス
短縮 URL
142

地球の周りを飛ぶ人工衛星の残骸の数は、未来の宇宙飛行を深刻に脅かすほどになっている。英国のエンジニアチームは、巨大な網と銛を使って宇宙ゴミを捕まえる100キロほどの機体を開発した。国際宇宙ステーション(ISS)に到着した「Remove DEBRIS」は、ISSで数週間待機し、5月には宇宙での実験を開始する。

スプートニク日本

Remove DEBRISは網、銛、誘導システム、そして機体の動きを遅くして地球に落下させる「帆」という4つのパーツを持つ。初回の実験のため、Remove DEBRISは「実験用」ゴミとして小さな四角い人工衛星2機を用意した。うち1機は網で回収されて軌道上から落下し、もう1機では銛の正確さがチェックされる。最後に、「帆」が正常に機能するかチェックされる。

宇宙の「掃除人」開発プロジェクトを率いるグリエルモ・アリエッティ教授は、「銛と網」は他の研究者が提案する「ロボットアーム」より安価だと指摘。網でゴミを集めることは格段に安くつく上、宇宙ゴミの動きが速すぎると、ロボットアームは網と違って捕まえることができないとの見方を、BBCのインタビューで示した。

関連ニュース

「ハッブル」、多数の銀河から成る独特の「宇宙の目」を撮影【写真】

稀有な映像 ハッブルが宇宙の端の星をキャッチ【写真】

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント