16:43 2019年12月14日
人工知能(アーカイブ)

AI搭載のロボット記者、ドバイで発表【写真】

© 写真 : Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
114
でフォローする

人工知能(AI)を搭載した記者「タマラ」が、アラブ首長国連邦の首都ドバイで開かれたアラブ・メディア・フォーラム(AMF)で発表された。

スプートニク日本

「Khaleej Times」によると、タマラは衛星テレビ局のアルアラビーヤのプロジェクト。

タマラはミリ秒でサイトやブログ6000個を同時に閲覧し、記事やコメント2万3000件を読むことができる。

タマラはまもなく、アルアラビーヤのニュース部門に加わる。

タマラはニュース収集、分析にとどまらず、テレビレポや記事、速報といった様々な形でニュースを報じていく。

開発されたアルゴリズムによると、タマラはさらにフェイクニュースと本物のニュースを判別し、捜査報道の助けになると期待されている。

関連ニュース

タグ
びっくり, テクノ, 人工知能, ロボット, アラブ首長国連邦
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント