10:03 2018年05月21日
東京+ 22°C
モスクワ+ 6°C
    マスク氏

    マスク氏、「不死身のヒトラー」に驚愕

    © AP Photo / John Raoux
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 02

    誰も逃げることができない「不死身の独裁者」に人工知能がなるかもしれないと、スペースX社とテスラ社の社長で億万長者のイーロン・マスク氏が、クリス・ペイン氏のドキュメンタリー映画『君はこのコンピューターを信頼するか』で述べた。

    スプートニク日本

    マスク氏によると、歴史は既に、例えばムッソリーニやヒトラーといった独裁者を知っているが、人工知能と違って、彼らは不死の存在ではなかった。

    マスク氏は2017年に、人工知能が第3次世界大戦を始めるかもしれないと述べていた。その後マスク氏は、この技術が人類にとって最も恐ろしい危険であると評した。「Mashable」によると、マスク氏は、人工知能が個々の指導者より長生きし、恒常的な抑圧構造を作り出すだろうと指摘している。

    2018年3月にマスク氏は、月や火星の居住可能なステーションを人類が保有している場合に、地球人は第3次世界大戦を生き延びるだろうと指摘している。

    関連ニュース

    タグ
    人工知能, テクノ, アドルフ・ヒトラー, イーロン・マスク
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント