20:20 2018年12月14日
火星

ロシア研究者、ロープで火星から宇宙へ貨物を運ぶ提案

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
144

ロシアの研究者は、将来的に化学燃料を用いた高価なロケットを使わず、衛星から伸びるロープによって火星から貨物を宇宙に運ぶことが可能になるとの見方を示した。

スプートニク日本

研究者によると、火星表面から宇宙に荷物を届けるには2つの方法がある。1つは宇宙船を打ち上げて、秒速2キロほどで動くロープの端にドッキングする方法。この場合はミサイルエンジンを使うことになるが、宇宙船を直接軌道に乗せるよりは経済的になる。

2つ目の方法では、ドッキングと打ち上げの場所の座標を正確に算出することで、火星表面からロープが自動的に貨物を掴むというもの。支柱にぶら下がるロープの輪っかに荷物は引っ掛けられると研究者は構想する。その輪は火星の衛星であるフォボスかダイモスに設置される特別な機器によりキャッチされる。また衛星にはエネルギー機器も置かれ、縄は貨物への電気エネルギー伝達においても機能する。

関連ニュース

タグ
テクノ, びっくり, 科学, 研究, 宇宙, 火星, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント