12:36 2018年05月27日
東京+ 22°C
モスクワ+ 11°C
    殺人ロボット開発 世界の研究者が韓国大学にボイコット

    殺人ロボット開発 世界の研究者が韓国大学にボイコット

    CC BY 2.0 / Marc Smith / 2013 Korea, Daejeon, KAIST
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    434

    韓国科学技術院(KAIST)が人工知能(AI)を持つ兵器開発研究所の設立を発表したことを受け、世界中のAIやロボット工学のトップ専門家50人以上がボイコットを呼びかけた。「The Verge」が報じた。

    スプートニク日本

    ボイコットを組織したのはオーストラリア・ニューサウスウェールズ大学のAIを専門にするトビー・ウォルシュ教授。

    「すでに今日、米国や中国、ロシア、英国を含む多くの国で自立型兵器の試作品が開発されている。私たちは誰も望まない軍拡競争に引き込まれている。KAISTの行為は状況を深刻化させるだけで、私たちはこれを容認できない」とウォルシュ教授は公開書簡で批判する。書簡にはケンブリッジ大学、カリフォルニア大学バークレー校などの学問の中心地に所属する専門家らが署名。KAISTとのあらゆる接触や学術的協力をやめるよう呼びかける。

    KAISTと韓国の防衛大手ハンファシステムは2月、「人間によるコントロールなしで標的を発見し、除去できる軍事兵器のためのAI技術の開発」を目的とした研究所の共同開設を発表。しかし、ボイコットを受けて大学は自立型兵器開発計画はないと否定した。「学術機関として、私たちは人権と倫理規範を高く評価します。KAISTは人間のコントロールなしで機能する自立型兵器の開発など、人権と矛盾する研究活動を行いません」とKAISTのシン・ソンチョル総長は声明を出した。

    関連ニュース

    AI搭載のロボット記者、ドバイで発表

    日本の学者ら、長距離から制御可能なアバターロボット開発

    タグ
    テクノ, ロボット, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント