04:17 2018年08月20日
マイニング

露カリーニングラード、発電所近くでマイニング着手の意向

© Sputnik / Eugene Odinokov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 30

カリーニングラード州政府は同州の発電所の隣にシリコンバレーならぬ「マイニングバレー」を建設する意向だと、知的所有権に関する国際戦略フォーラムの開幕式で同州のアリハノフ知事が述べた。

スプートニク日本

アリハノフ知事は、「私の代理人が潜在的な投資家数人と、発電所の隣に何らかの『マイニングバレー』を建設する交渉を行っている。

余剰電力を考慮に入れたマイニングのテーマは非常に良い話になるだろう。このテーマを実現し続けなければならないと思っている。1、2年後にはどこかの場所で、そのような『マイニングバレー』をお見せできると確信している」と述べた。

11日、カリーニングラード州のスヴェトロゴルスク市で、知的所有権に関する国際戦略フォーラム「IPQuorum 2018」が開幕した。

関連ニュース

仮想通貨のマイニングでアイスランドは電力不足の恐れ

マイニングで部屋燃える ロシア

タグ
テクノ, 仮想通貨・暗号通貨, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント