02:32 2018年05月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 13°C
    遺伝子

    人をアルコール依存と甘党にする遺伝子が見つかる

    © Fotolia / Dan Race
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 00

    FGF21遺伝子は、人間のアルコールと甘味の摂取量に影響する。論文は科学誌『Cell Reports』に掲載された。

    スプートニク日本

    研究チームは血液と唾液、尿を提出した50万人ほどのデータを分析した。

    FGF21遺伝子を持つ人びとは甘味やアルコールを他の人より頻繁に摂取することが判明した。

    しかし不健康な食生活にもかかわらず、彼らの脂肪は少なかった。

    FGF21遺伝子のいくつかの突然変異は、アルコールと甘いものを摂取する傾向を引き起こす。研究チームによるとこれは、FGF21の突然変異は人間の脳の快楽中枢に直接働きかけ、仕事を変えることで説明できる。

    関連ニュース

    肥満と体温の意外な関係が明らかに

    アルコールはDNAにダメージを与え、がんのリスクを高める

    タグ
    医学, 研究
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント