20:09 2018年11月18日
NASA、宇宙飛行士が気に入った「宇宙キャベツ」をISSで栽培継続へ 今度は新型植木鉢で

NASA、宇宙飛行士が気に入った「宇宙キャベツ」をISSで栽培継続へ 今度は新型植木鉢で

© 写真 : Tupperware/Techshot/NASA/Kennedy Space Center
テック&サイエンス
短縮 URL
122

宇宙船「ドラゴン」が国際宇宙ステーション(ISS)に、宇宙キャベツの苗の新入荷分と、その栽培用の新型植木鉢を届けた。宇宙キャベツの最初の収穫を、宇宙飛行士らは既に2015年8月に満足感をもって消費しており、この美味しくビタミンが豊富で新鮮な野菜を今後も諦めるつもりはない。

スプートニク日本

ISSの米国区域での野菜の栽培は「Veggie」という設備で行われている。この設備は、キャベツや他の農業作物の種子が入った特別なカプセルや土、そして無重力であり目立った照明がない環境での植物の成長を促進する、特別な青色・緑色・赤色の発光ダイオード(LED)照明の組み合わせである。米航空宇宙局(NASA)の専門家らの見解によると、まさにこの設備が、食物や酸素の供給源や、月や火星、他の遠くの惑星に向かう将来の探検隊メンバーらの心理的な負担軽減のための重要な手段にもなるのだ。

宇宙キャベツ用の新型植木鉢は、水やりと土壌への微量元素注入の自動システムを見越している。そのようなシステムは、既にロシアの宇宙温室「ラーダ」で無事機能している。新型植木鉢には、さらにもう一つの利点がある。以前そうだったように地球に戻すことなく、繰り返し利用できるのだ。このことは、深宇宙に向かう将来の探検隊のための、完全に自律的な生命維持システムの開発に向けた新たな一歩だ。

植木鉢と種子の新入荷分は、宇宙船「シグナス」に積み込まれて今年5月にISSに向け出発する。今回、ステーションのクルーは、その葉が既に何世紀も日本食に用いられている水菜の栽培を試すことになっていると、ウェブサイト「Newswire」が伝えている。

関連ニュース

NASA、月の4Kバーチャルツアーを公開 うっとりする美しさ!

世界宇宙飛行の日 宇宙初の人間から今に至るまで

タグ
科学研究, 科学, 宇宙, NASA
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント