07:17 2018年05月24日
東京+ 17°C
モスクワ+ 13°C
    顕微鏡

    肥満を引き起こすバクテリア発見 米

    © Fotolia / Science photo
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    112

    脂肪分の高い西欧型の食事を取る人の腸から、食べ物を消化するときに脂肪の吸収を促進して、肥満プロセスを速める微生物が見つかった。論文は科学誌『Cell Host & Microbe』に掲載された。

    スプートニク日本

    米シカゴ大学の研究チームはマウスを複数のグループに分けて実験。うち1グループは脂肪とカロリーを多く含む典型的な「西欧型」の食事を摂取していた。

    英で「砂糖税」導入
    © Fotolia / Brent Hofacker
    こうした食事をとるマウスの腸は、他のグループのネズミより脂肪分の高い食事を活発に吸収し、消化した。

    「責任者」は、脂肪分の高い食事のもとで増え、脂肪分の吸収を速める腸内細菌だと判明した。

    他のグループはほとんど体重が増えなかった。

    関連ニュース

    肥満と体温の意外な関係が明らかに

    世界一の肥満児、一念発起し80キロの減量に成功

    タグ
    健康, 科学研究, 病気, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント