06:41 2018年11月19日
ガン

10分でがん判別 ロシアでてす開発

© Fotolia /
テック&サイエンス
短縮 URL
140

ロシア国立科学技術大学(MISIS)とモスクワ大学の研究チームが、10分で前立腺がんを発見できるテストを開発した。

スプートニク日本

男性で最も多いがんの種類は前立腺がんだ。今まで、がんの存在を示す抗原を患者の対内から見つけるには長く複雑で、高価なラボラトリーでの検査が必要だった。ロシアの研究者が開発したテスト装置を使うと、目視による10分でがんを発見できる。テストのセットは、特別な反応物質を塗布したインジケーターストリップと肌を刺すための道具からなっている。

医師は患者の指から血を採取し、インジケーターストリップの端を準備していた血清からの溶液に浸す。前立腺腫瘍の存在を示す抗原が溶液に含まれていれば、インジケーターのラインが色づく。

染まるラインが1本だけだと、抗原の数が少なく前立腺腫瘍がないことを示す。2本が染まると、4ナノグラム以上の抗原があり、腫瘍の可能性があるため、詳細な検査のため専門家の元へ向うよう推奨される。3本は危険信号で、抗原が10ナノグラムを超えている。この場合、治療のため病院に行く必要がある。

関連ニュース

人体で新たな器官が見つかる がん転移の仕組みの理解に役立つ可能性

ロシア人のがん、脳卒中、心臓発作の死亡率が低下

タグ
健康, 研究, ガン, 病気, 科学, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント