19:17 2018年08月18日
ビットコイン

安全なビットコイン保存を追求し、手にチップを埋め込んだオランダ起業家【写真・動画】

© Sputnik / Vladimir Trefilov
テック&サイエンス
短縮 URL
0 04

オランダの起業家、マーティン・ウィスマイヤーさんは、ビットコイン保存と支払のため、近距離無線通信(NFC)を採用したチップを両手首に埋め込んだ。CNBCが報じた。

スプートニク日本

ウィスマイヤーさんがビットコインを買い始めたのは2010年。4年語には手に埋め込むことを決意したという。「私が買った仮想通貨の80%は盗まれたり忘れたりしたことなどで失った。すぐにチップを埋め込んでいれば、今日私はおそらく、とても裕福になっていたでしょう」とウィスマイヤーさんは語る。

CNBCによると、チップは2х12ミリメートルの大きさで、小さなガラスのカプセルのように見える。うち1つによりビットコインでの支払が可能で、もう1つは仮想通貨にアクセスするための暗号キーを保管している。ウィスマイヤーさんは保管するビットコインの数量は語らなかったが、パブでのビールやコーヒー数杯に足りる程度の少額だと述べる。ウィスマイヤーさんは、チップの話で有名になったので、強盗を恐れているという。

関連ニュース

タグ
仮想通貨・暗号通貨, ビットコイン, びっくり, テクノ, オランダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント