20:10 2018年12月12日
群馬で巨大ロボット開発 ガンダムの夢叶う

群馬で巨大ロボット開発 ガンダムの夢叶う

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
テック&サイエンス
短縮 URL
142

群馬県に住む南雲正章さんが、巨大人型ロボットを作り上げた。小さいころ熱中していた「機動戦士ガンダム」のようなロボットを作れないかと夢見ていたという。ロイター通信が報じた。

スプートニク日本

農業機械メーカー「榊原機械」が造った「LW-MONONOFU(もののふ)」の全長は8.5メートルで重さは7トンを超える。操縦者がロボットの手足を操縦するためのモニターやレバーを搭載したコックピットを備えている。

南雲さん(44)はロイター通信に「ビジネスチャンスになると思う」と述べ、ガンダムの人気に言及した。

榊原機械は農業機械のほかにほかのロボットや娯楽用の機械を開発しており、それらを1時間10万円ほどで貸し出している。子供の誕生日パーティーなどのために利用されるという。

もののふは指と上半身が可動式で、前後に歩くことができる。とはいえ、移動速度は時速1キロに満たない。

しかし速度で足りないものは力で補われるもので、右手に搭載されたバズーカのようなエアガンは、スポンジボールを時速140キロの速さで撃ち出す。

南雲さんは「アニメにインスピレーションを受けて作った、実際に乗れるロボットとしては世界最大だと思う」と述べた。しかし、ロボットは巨大すぎるかもしれない。工場の入口よりでかいため、解体せずには運び出せないという。

タグ
アニメ, びっくり, テクノ, ロボット, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント