16:42 2018年08月19日
マイニング

仮想通貨マイニングで火災のおそれ ロシア非常事態省

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
テック&サイエンス
短縮 URL
0 10

ロシア非常事態省は、仮想通貨のマイニング(採掘)により火災件数が増えるおそれがあると、警鐘を鳴らす。これは、マイニングが高い計算能力を持つコンピューターを必要とすることで、配電網の負荷が高まることに関係する。

スプートニク日本

「アンチスチヒヤ(反災害)」センターの報告書には「仮想通貨マイニングの際に負荷が高まることに関係し、配電網配電網における事故の可能性が高まっている」としている。

同省によると、配電網はこのような負荷の増加を想定していないことがあり、その場合、火災のリスクが生まれる。

2月、アイスランドの電力会社「HS Orka」は、マイニングにより同国の電力が不足するおそれがあるとの懸念を示した。

関連ニュース

仮想通貨マイナーらが地球外生命体の捜索を妨害

マイニングで部屋燃える ロシア

タグ
仮想通貨・暗号通貨, テクノ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント