05:37 2018年08月16日
ポーランドのキリスト像

ポーランドのキリスト像 無料WiFiを発信【動画】

CC0 / Pixabay
テック&サイエンス
短縮 URL
104

ポーランドのスヴェボジン市郊外に立つ世界最大のキリスト像がWi-Fiの電波を発し始めた。

スプートニク日本

ドローンを用いて調べたところ、キリストの頭部から10個のセンサーが見つかった。Wi-Fiのプロバイダーの話では、これらのセンサーは地元の教会からの要請によるもので、監視ビデオカメラが正しく機能するために設置されたもの。プロバイダーは設置に関する合意は合法的なものと話しているが、当の教会はコメントを出すことを拒んでいる。

ポーランドのキリスト像は台座を含めると高さ52メートルと、ボリビアのコチャバンバにある41メートルのキリスト像やブラジル、リオデジャネイロの41メートルのキリスト像よりはるかに高い。3体の像とも両手を広げ、信者に向かい合う姿が表現されており、キリスト教の主要なシンボルである十字架を想起させる。 ポーランドのキリスト像が公式的に除幕式を迎えたのは2010年11月。それ以来、世界最大のキリスト像という記録は破られていない。

​関連ニュース

東京に高さ18メートルの大仏

タグ
テクノ, 文化, 宗教, ポーランド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント