12:58 2018年05月26日
東京+ 23°C
モスクワ+ 9°C
    怖がっている女性

    体長11.15センチの巨大な蚊 中国で発見 【写真】

    © Fotolia / Aleksey Ipatov
    テック&サイエンス
    短縮 URL
    0 52

    中国で体長11センチを超える巨大な蚊が発見された。24日、新華社通信が報じた。西中国昆虫博物館の職員ジャオ・リ氏はこの蚊について、2017年8月に四川省青城山付近で見つかった世界最大の蚊の Holorusia mikadoに属するものと指摘している。

    スプートニク日本

    ジャオ氏はこの蚊について次のように語っている。

    「これらの蚊は見た目は恐ろしいが人間の血は吸わない。成虫はわずか数日間しか生きられないが、その間は花の蜜を吸う。世界にある蚊の種類は数万種に及び、そのうち人間の血を吸うのはわずか100種ほどしかいない。

    この蚊は羽が大きすぎるため、飛ぶのは下手で、飛ぶというより、跳ねているように見える。植物が生い茂っている場所でよく見つかる。」

    ​この蚊が最初に見つかったのは100年以上前の日本。1876年、英国人昆虫学者のジョン・オバディア・ウエストウッド氏によって命名された。ところが今までこれだけ巨大な蚊は発見されておらず、両羽の長さはせいぜい8センチ。

    タグ
    日本, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント